新しいオフィスでウキウキです

オフィスの引越しをしました。今までは狭い二部屋に分かれていたのですが、上の階の大きな部屋が空くことになったので、そちらに引っ越すことになりました。今までの狭い部屋は窓も小さく、換気、日当たり、景色が悪かったのですが、新しい部屋は角部屋で大きな窓が2面にあります。部屋も広々としています。

新しい部屋の改装のためにレイアウトを何度も検討して業者にレイアウト図を作ってもらい、あとから後悔しないようにディスカッションを重ねました。新しい机、キャビネット、コピーエリア、休憩所、会議室など、動かせない空調の吹き出し口や柱などとの兼ね合いも考慮しつつ、レイアウトを決めて行きました。机や会議室に合わせてLAN回線の引き回しも決めました。

引越しの日が近づいてくると、使わない資料から箱詰め作業です。キャビネットから抜き出してどんどん箱に詰めて積み重ねました。引越し前日は自分の机の中も空っぽにします。上の階の新しい事務所への運搬は業者にやってもらうので、箱に識別を書き込みました。

荷物の運搬は土日に業者にやってもらい、月曜日からは自分たちで開梱です。ダンボール箱を開けて資料をキャビネットに戻しました。分かりやすく識別しておいたおかげで、2,3日で平常の状態に戻りました。

新しい部屋は、2部屋が一つになったこともあって普段見ないメンバーとも一緒になり、さらに窓の景色も変わって、違う会社に入ったような新鮮な感覚です。机もすべて新品でウキウキした気分です。会社に行くのが楽しくなってしまいそうです。