いつも仕事が忙しい時期と引越しが重なります。

“私は過去に何度か、オフィスの引っ越しを経験していますが、なぜか忙しい時期に引っ越しをすることも多くありました。
引っ越し作業は仕事の合間を縫って行うのですが、忙しさもあって、なかなか作業が進みません。

そこで、最後になって慌てて、適当に空き箱に道具を詰めて行くと言う結果になってしまいます。
そのため、引っ越し先で荷物を開けても、何がどこにあるのかが良く分からずに、いつも何かが無くなってしまいます。

単に要らないものだと思って、廃棄のほうの回したのもありました。
私は以前、パソコンの引っ越しで、大切なコードを箱に仕舞い忘れてしまったことがありました。

新しくパソコンを設置しようと思った時に、その大切なコードが無いことに気が付きました。
私はパソコンの設置や仕組みにあまり詳しくないので、どれが必要なのかが良く分かっていなかったように思います。

引越しの時はいつもバタバタしていて、あっという間に時間が過ぎてしまいます。
いつも間に合わない、と思っても、何とかなるもので、引っ越し作業は無事に終了して、引っ越し先でも最初は物が溢れていて、収まりきれないと思っていても何とかキレイに片付けることができました。

一回、ゴールデンウィークの期間を使って、オフィスの大規模な改造工事が行われた時の引っ越しがありました。
この時もバタバタで、しかも連休明けの引っ越しはさらに大変でした。

連休明けで仕事が立て込んでいる中、書類を探しながら仕事をするような状態でした。
それでも数日経つと、落ち着いて仕事ができるようになっていました。